アニメ・漫画の感想等のメモなど

主にアニメ・漫画の感想を書きます。

のんのんびよりりぴーと 第二話 定規落としについて

感想はこっち

  

komatta-komari.hatenablog.com

  

(以下、ネタバレ含む。)

 

 

 

 

思い出しながら書いてるから間違ってるかもしれないけど、最初見たときは順番ぐちゃぐちゃだなあと思った。

 

ゲームの展開を整理してみると、

ほたるん(スタート、れんげの上に)→れんげ(滝登りで脱出)→こまちゃん→れんげ(つばめ返し、こまちゃんの上に)→こまちゃん(脱出)→なつみ(自爆未遂)→ほたるん(こまちゃんを落とす)

 

兄(スタート)→れんげ(兄を落とす)→兄(白刃取り、復活)→なつみ→ほたるん→兄→れんげ(滝登り、なつみの上に)→なつみ(つばめ返しで脱出、兄の上に)→兄(脱出)→なつみ→ほたるん(兄落とす)

そして各々開始位置はこの通り

 

f:id:komatta_komari:20160827224343j:plain

 

・・・ぐちゃぐちゃだな。

 

 

 

ただ、「脱出」と「白刃取り」のターンを除けば時計回りになることに気づいた。

ほたるん(スタート、れんげの上に)→・・・→こまちゃん→れんげ(つばめ返し、こまちゃんの上に)→・・・→なつみ(自爆未遂)→ほたるん(こまちゃんを落とす)

兄(スタート)→れんげ(兄を落とす)→・・・→なつみ→ほたるん→兄→れんげ(滝登り、なつみの上に)→・・・→・・・→なつみ→ほたるん(兄落とす)

 

 

 

そして、「脱出」と「白刃取り」は、それぞれ自分の定規に危機が迫っているときに起こる。

・上に乗られたら三回以内に「脱出」しないと負け

・机から落ちたら負け→負けを防ぐために超上級技「白刃取り」

 

 

 

このことから

原則:時計回りに進む

例外:自分の定規に危機が迫ったとき、具体的には

①自分の定規が誰かの定規の下敷きになったとき、または

②自分の定規が落とされそうになったとき、

基本の順番を無視して自分の番とすることができるのではないかと考えられる。

 

 

 

以上、ふと気になったので書いてみた。