アニメ・漫画の感想等のメモなど

主にアニメ・漫画の感想を書きます。

のんのんびより三期展望

本日(10/20(金))、ツイッター上で「のんのんびより三期決定?」という話題が流れていたので、おいおいまじかよ・・・と思いながら公式のソースを探してみた。

しかし、公式ツイッターは八月末日くらいを最後に音沙汰なし(PRアカウントとしての是非を問いたいがとりあえず今回は置いておく。)、ホームページも新作アニメ制作決定としか報じておらず、まーたオタク特有の極限曲解妄想話か~??と思っていた。

ところが捜索(検索)から数分、ようやくソースっぽいものを発見。らしんばん秋葉原店新館ツイッターアカウントのツイートが発信源らしい(記事更新時間現在削除済、アフィ系まとめサイトには魚拓ツイあり。)。

あのなあ・・・。曲解したんか本当に三期内定なのかはともかく、一企業がこういう情報漏えいっぽいことしてええんか?コンプライアンス的に問題大有りでしょ。実際にツイートを消してるあたり社内でちょっとした問題になってるかもしれないね(オタク特有の極限曲解妄想話)。

まあ公式がちゃんと発表するまで実際のところ三期をやるのかどうか不明なので落ち着いて待ちましょう。

 

さて、ちょうどいい機会ということでのんのんびよりファンの一人であるわたくしののんのんびより三期の展望を語っていきましょうかね。やっぱりオタクブログはこうでなくっちゃな。

 

のんのんびより二期であるところの「のんのんびよりりぴーと」放送終了時点では、三期についてかなり消極的であった。 

komatta-komari.hatenablog.com

 上記記事の本文+追記の通り

のんのんびよりの良さを一言でいうのなら「田舎という舞台を存分に生かしつつ、視聴者の思い出に触れるような話を作り上げる点」 しかし、りぴーとではこの良さを感じられない話が多かったように思える。

・上記の良さを潰してしまった(個人的な意見です)オリジナル話が多かったように感じる。

・全体的にネタ切れを感じる。

などから1クール12話放送するより単発で深く楽しめるようにOVAなどにとどめておくべきでは?という意見を持っていた。

 

上記記事から二年経ったいま、上記の意見を維持しているかというと実はそうではない。というのもこの二年の間に10巻と11巻が発売されているところ、その内容についてはどちらもかなり好印象であった。

 ・10巻感想(この記事の貼り付け率が高いな・・・情報詰めまくってるし当然のオタク理論なんだけどね。)

komatta-komari.hatenablog.com

 ・11巻感想 

komatta-komari.hatenablog.com

 一言でいうと「読者の思い出に触れるような話を過去編を交えつつ作り上げてくれることで展開に奥行きが出てきている気がした」 そして、10巻・11巻は過去編のワンマンプレイではなく、現代編でも上記ののんのんびよりの良さを感じることができる話もちゃんとあったのである。

アニメ放映時は原作を全く読んでいなかったので、ひょっとしてネタ切れでキャラものになってしまっているのかという疑問 キャラものにして変に動かした結果、オリジナル回のようなのんのんびよりの良さをつぶしてしまう(個人的な意見です)話が量産されてしまうと好きな漫画が嫌いになってしまうのではという心配 などを抱いてしまっていた。

しかし、実際に放映時点で既刊部分、放映後に出た新刊部分を読んだ結果、上記心配は杞憂にすぎなかったのだという結論に至った。

今では上記の話を色付き動画で見てみたいと思うようになった。動く「茂みから虚無僧」なんか見たらたぶん爆笑してしまう。

 

ただ、本当に新作アニメ=三期だったとして、1クール12話放映できるストックがあるのかというと、ここはまだまだダメだろうと判断する。

一期二期では8巻相当までの話をうまく並べ替えながらアニメ化していた。現在のストックは9~11巻+本誌掲載・単行本未収録分であり、そのうち12巻は来年発売予定なので、仮に来年・再来年あたりに三期を放送するのなら9~12巻の四巻分の中からピックアップし、うまく並べ替えて放送することになるだろう。しかし、単純計算で四巻分のネタを1クール12話に充てることができなかったのんりぴ二期では、のんのんびよりの良さをつぶしてしまうオリジナル回(個人的な意見です)を織り交ぜざるを得なかったので、たったの四巻分では良さを生かした放送が可能なストックがあるとは言えないのではないだろうか?

そこで、わたくしは、仮に三期を行うのであればもう一年寝かせてストックを十分貯めてから行うべきだと考える。即座に褒美を与えるより存分に焦らしてから与えた方が効用は良いって各種薄い本は言ってる?し(最近三期の制作が決定したインデックスなんかもその類いだと個人的には思う。)

 

というわけで、この二年で三期消極派から見解を180度変えたものの、依然として慎重派を維持しているというのが現在のスタンスである(この考えもまた変わるかもしれないね。)。

三期に期待することは当然「田舎という舞台を存分に生かしつつ、視聴者の思い出に触れるような話を作り上げてほしい」ということである。のんのんびよりの良さをしっかりと生かしたアニメを作っていただければファンの一人としてもついついチャリンチャリンしたくなるというものだ。

色々書いたけど期待しておりますので(新作アニメ=OVAでも全然OK。深く楽しめる話が良いというのは二年たった今でも変わらないので、それが1クール12話となるかOVAで小出しとなるかは良ささえ生かしていただければどっちでも可です。)、制作者さん、応援しておりますよ。

コミック電撃だいおうじ VOL.49の感想

十店舗ほどまわってようやく発見したので購入。オタクはどんだけガヴちゃんを脱がしたかったんだ・・・(困惑)

 

続きを読む

タプリスちゃん可愛すぎんか?(ガヴリールドロップアウト5巻などの感想)

今回はガヴリールドロップアウト5巻とのんのんびより9巻のみを購入。新規開拓はなし。

 

以下、ネタバレ含む感想。

 

続きを読む